カノシタ

昨年の秋は11月近くになるときのこの話題もほとんど終ったのですが、
今年はまだ少し続きそうです。
それだけ発生が遅れているということになります。

今回はカノシタ、面白い名前ですが(鹿の舌)の意味で、
傘の裏の細かな突起が舌の様に見えるということなのでしょう。
生のうちは壊れやすいのですが、火を通すと一変してコルク質のような食感に変わります。
さっと湯通ししてきのこのシチューなんかに入れると美味しいです。
c0036317_6424410.jpg

c0036317_6425761.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-10-29 06:45 | きのこ
<< ほう葉 山の木の実 >>