ほう葉

紅葉が進むと同時にホウノキの葉も散って来ます。
朴の葉は飛騨の食文化には欠かせないもので毎年この時期に拾い集めますが、
適した時期があり、乾燥してしまうと葉が巻いてしまい平たく伸ばせないので、霜が降りた直ぐ後や雨の日などが良いようです。
集めた枯葉は一晩塩水に漬けてその後乾燥しながら新聞紙などに挟んで重石をして平らにし、
ほう葉の香りが残るように袋に密封して保存しておきます。
c0036317_065861.jpg

c0036317_07861.jpg

c0036317_071940.jpg

c0036317_07297.jpg

早速新しい葉で、きのこたっぷりのほうば味噌を焼いてみました。
[PR]
by yoas23 | 2008-10-30 00:09 | その他
<< 何時もの風景 (冠雪) カノシタ >>