黒部峡谷 猿飛峡へ・・・

本当は名剣温泉でゆっくりお湯に浸かって帰るつもりでしたが、
道路が通行止めで歩くことすら出来ないと言うことで断念し、その代わり猿飛峡へ行くことにしました。
遊歩道を歩くこと20分ほどで着きますが、その途中には最近になって発見されたビューポイントがあるとか・・・
それも楽しみですが果たして何でしょう?

猿飛峡は下流へ1.5k程歩きますが、
しっかりした遊歩道が備えられていて枯れ葉で足を滑らすことの無いようにこの日は保守要員の方が箒で掃除しておられました。
c0036317_13384933.jpg

↑ 途中から振り返った祖母谷方面、雪を被って見えるのは不帰剣です。

c0036317_1339881.jpg

↑ 猿飛峡が近くなるにつれ絶壁を縫うような流れに変わります。

c0036317_13392268.jpg

↑ この辺りの紅葉はすでに散っていました。

c0036317_13393576.jpg

↑ 水量は少ないですが、荒れた時は濁流となって流れるのでしょう・・・

c0036317_13395587.jpg

↑ これが最近発見されたと言うものらしいですが・・・

c0036317_1340144.jpg

↑ アップで撮ってみました、杉の株がフクロウに見えるとか・・・
新しい観光スポットですね。

c0036317_13403091.jpg

↑ 遊歩道の終点の猿飛に着きました。

c0036317_13404452.jpg

↑ 下流へ廊下のように流れて行きます。

c0036317_13405620.jpg

↑ 猿飛の名のように両岸が狭く猿が飛んで渡るのもまんざら嘘ではないような気がします。

これでこのシリーズは終わりですが、また何時か途中の露天風呂や懸案の名剣温泉の紹介をしたいと思います。
[PR]
by yoas23 | 2008-11-26 13:44 | 小さな旅
<< 岩魚の燻製 黒部峡谷 欅平散策 >>