奥能登へ (見附島)

別名を軍艦島と呼ばれる珠洲市の海岸にある見附島は本当に軍艦の形をした島で、
40年ほど前最初にここを訪れた時はその勇ましい形に驚いたものでした。
そしてそのことはここで夜明かしの仮眠を取った時、
暑いからと開けた車の窓から侵入した蚊に悩まされたことと併せて思い出されます。
c0036317_604661.jpg

↑ 先ずは入り口にある標識から・・・

c0036317_6131.jpg

↑ 駐車所から公園のようになった場所を抜けると直ぐに見えて来ます。

c0036317_613186.jpg

↑ ここにも句碑がありました。

c0036317_614711.jpg

↑ そして何故か鐘も一緒に・・・

c0036317_622186.jpg

↑ 恋路海岸の「幸せの鐘」とは違いこちらは「愛の鐘」だそうです。

c0036317_625042.jpg

↑ 見附島を見てみましょう、やはり島まで陸続きで行けるようにブロック積みしてあります。

c0036317_633139.jpg

↑ 島の正面には見附の社というのがあります。

c0036317_635014.jpg

↑ 空海(弘法大師)もはるばるこの地を旅していたのですね。

c0036317_641861.jpg

↑ 見附千年椿とか・・・地震の際に島から落ちた椿を移植したということです。
次回は白鳥の飛来地に立ち寄ってみます。
[PR]
by yoas23 | 2008-12-21 06:09 | 小さな旅
<< ポトス 赤べこ >>