フユノハナワラビ

まとまった雪がなかなか降らないので土手の植物も季節を勘違いしているものもあるようです。
この時期にはまだ硬いふきのとうの外皮も今年は柔らかくなって芽吹くものも多いようですね。
そんな場所にフユノハナワラビを見付けました。
これは季節を間違ったのではなく決まって冬には葉が青いのですが、それだけに春が来たかと今度は人間が勘違いしそうです。
もちろん蕨とは違った植物で良く似ていても他人の空似です。
飛騨は昨夜から本格的な雪になりました。これで土手の植物も安心して冬の眠りに着けそうです。
c0036317_5301547.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-12-26 05:32 | イラスト・スケッチ
<< 奥能登へ (木ノ浦海岸) 奥能登へ (禄剛埼) >>