奥能登へ (ゴジラ岩から揚げ浜塩田へ)

木之浦から先は同じような海岸端の風景が続きます。
小さな漁村と侵食された岩が交互に見られ山育ちの私は退屈はしません。
途中、道路端に「ゴジラ岩」の看板を発見し探して見るけどそれらしきものは・・・
と、思った時遠くにゴジラを発見!
確かに見る角度によってはそう見えますね。
余談ですが、そう言えばあのゴジラ松井選手は石川県の出身でしたね、・・・関係ないか~(笑)
c0036317_53976.jpg

c0036317_535890.jpg

c0036317_54684.jpg

c0036317_541476.jpg

c0036317_542456.jpg

c0036317_54357.jpg

↑ この場所が一番ゴジラに見えるポイントでしょうか?

また、仁江は塩田で有名な所、以前このブログでも紹介済みで重複しますが、
角花さんの塩田を撮って来ました。
冬は気温も低く日照時間も短いので塩作りはされていません、夏の風物詩のようです。
c0036317_544849.jpg

c0036317_55072.jpg

c0036317_551725.jpg

↑ この平坦な場所に海水を撒いて蒸発させて煮詰め、塩を作るのだそうです。

次回は千枚田までの紹介です。
[PR]
by yoas23 | 2008-12-29 05:06 | 小さな旅
<< 飛騨鰤 秋の宮川 >>