飛騨鰤

富山湾で水揚げされた寒鰤が飛騨を経て信州に運ばれたことから「飛騨鰤」の名があり、
女工が通った野麦街道が別名で鰤街道とも呼ばれています。
飛騨高山では年越しの魚は鰤とされており、年末の市場では大型の鰤がセリに掛けられます。
1本数万円もするので一切れも結構な値段になりますが、飛騨人にはこれが無いと年が越せないほど浸透しています。
最近では太平洋側の養殖物も出回っていてこちらは割りと安く買うことが出来まが、
程よく塩が回ったものはやはり天然が美味しいですね。
c0036317_17451118.jpg

c0036317_17452118.jpg

c0036317_17453078.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-12-30 17:47 | その他
<< 何時もの風景 (去り行く2008年) 奥能登へ (ゴジラ岩から揚げ浜... >>