奥能登へ ( 輪島を後に・・・ )

昨年の暮れから1ヶ月以上に渡って紹介しました奥能登の旅、
いくらゆっくりした旅でももういい加減に・・・と言うことで最終回です。
能登の旅の目的の一つは新鮮な魚・・・鮮度が落ちないうちに帰路につきましょう。
穴水から能登有料道路を利用します。
昔はこのような短距離の道も無く、曲がりくねった海岸線を走ったので途方も無く長い時間を要しましたが、
今は快適に短時間で羽咋まで進むことが出来ます。
穴水から羽咋まで約1時間、羽咋から氷見は30分少々、氷見からは高速を使って高山まで2時間程度です。
c0036317_6203132.jpg

↑ 輪島からの一般道、のどかな道が続きます。

c0036317_6204930.jpg

↑ 穴水の能登有料道路への入り口です。

c0036317_621786.jpg

↑ 能登有料道路、この日は車も少なく快適なドライブが楽しめました。

c0036317_6212221.jpg

↑ 途中でどうしても立ち寄りたい場所、それは西山パーキングです。
  ここの売店はスーパー並みの物産が並んでいて、
  キャッチフレーズの「お~い、西山寄らずにどこへ行く!」の誘い言葉でついつい立ち寄ってしまいます。

c0036317_6215356.jpg

↑ これは野菜のコーナー、市価より多少安いのがお分かりと思います。

c0036317_622591.jpg

↑ そして魚、鮮魚はここまで買うのを控えていました。  どうです、箱買いが安いでしょう?

c0036317_6222040.jpg

↑ この大きなスズキはキロ当たり1000円で一匹は2600円とのことでした。

c0036317_6223716.jpg

↑ 値段を見ていると何とも魅力的ですが、あれもこれも買う訳には行きませんね。
  結局メジマグロが欲しかったのでカマスやカレイ、鯵などの入った箱を1000円で買いました。

今度の能登は何処へ行くか分かりませんが、また時期を選んで紹介したいと思います。
[PR]
by yoas23 | 2009-01-18 06:29 | 小さな旅
<< 何時もの風景 (大雪の後) ウニ・イクラ丼 >>