冬の飛騨の里 3

飛騨の里では何時も同じようなコースを辿りますが、それは園内に「順路」が一応決められているからです。
もちろんその人の都合で逆周りも構いません。
時間があれば全ての施設を余すとこなく効率良く・・・といったことで決められているのでしょう。
今回も何時もと同じ左下の「旧新井家」からです。
c0036317_6452265.jpg

↑ 園内至る所にある案内看板です、この後も参考にご覧頂けたら幸いと思います。

c0036317_6463356.jpg

↑ 旧新井家の内部、 雑巾掛けで磨かれた床板が光っていますね。

c0036317_6464289.jpg

↑ そしてこれは機織の道具、冬の間の実演は無いようです。

c0036317_6465282.jpg

↑ 旧新井家を出た所で雑木林越しに見た園内の風景です。

c0036317_647116.jpg

↑ さて次は前回刳削ぎ『くれへぎ』の実演をしていた旧中薮家です。

c0036317_6471010.jpg

↑ 玄関に入るなりこんなものが、そう馬の草鞋でしたね。

c0036317_6471982.jpg

↑ 家の中から見た外の風景、やはり季節は冬なのですね、モノトーンがかえって寒さを感じさせます。
[PR]
by yoas23 | 2009-01-26 06:57 | 飛騨高山 四季の旅
<< 冬の飛騨の里 4 青竹 >>