春慶塗りの下駄

飛騨高山の伝統工芸に飛騨春慶があります。
材質の木目を生かした漆塗りで、古くからの伝統が伝える美しさは言うまでもありません。
普通はお盆や茶器、鉢などに施されますが、町中に下駄に塗った物を見かけました。
私は履く歳でもありませんが、若い女性など浴衣姿に似合いそうな気がします。
しっとりした肌触りの履き心地も想像できますね。
c0036317_7411090.jpg


c0036317_741295.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-02-19 07:44 | 日々の発見
<< 冬の飛騨の里 11 柘榴 >>