冬の飛騨の里 11

このシリーズも大詰めですがもう少しお付き合い下さい。
今回も旧西岡家中心です。
ここに訪れると何時も気持ちが安らぎ、見るものが新鮮に見えるのですが、
それは現在の生活様式が昔とすっかり様変わりしたからでしょう。
若し同じであればそんな気はしないでしょうから・・・。
c0036317_6134959.jpg

↑ 西岡家の二階部分ですが、梁や柱が剥き出しで部屋の造作はしていません。
  ここは蚕を飼う為の空間です。

c0036317_614082.jpg

↑ ある意味、この写真を撮りたいために二階へ上がるのですが・・・

c0036317_6141216.jpg

↑ 蚕飼のための道具などが陳列してあります。

c0036317_6142149.jpg

↑ 一階の奥の部屋は夏場には草鞋の実演がありますが、冬はお休みのようです。

c0036317_6143160.jpg

↑ 西岡家の裏にある小柿、これもまだ実が付いたままです。

c0036317_61440100.jpg

↑ 旧田中家の囲炉裏

c0036317_6145037.jpg

↑ 近くには恵比寿様が祀られていましたが、飛騨では地蔵様の他大黒様も良く見かけます。
[PR]
by yoas23 | 2009-02-20 06:24 | 飛騨高山 四季の旅
<< 飛騨の昔遊び 試験管のアイスキ... 春慶塗りの下駄 >>