飛騨の昔遊び 試験管のアイスキャンディー

小学校の理科の実験が始まりで、当時ちょっとしたブームとなった試験管でのアイスキャンディー作りのことをこの時期になると思い出します。
雪や氷に塩を加えることで温度を下げて、試験管内のジュースを凍らせるというものでどなたも経験があるのではないでしょうか?。
ただ試験管を使ったのは学校でのことで、家では試験管の代わりにコップなどを使いましたが、
体積に比べ表面積が狭いため上手く凍るのにたくさんの塩と時間を費やしました。
それでも塩が温度を下げる不思議に驚いたものでした。
もっとも氷を砕いたり、雪にジュースを振りかけてもかき氷のようになり同じような結果が得られるのでしたが・・・。
使ったジュースは粉末を水で溶かしたもので、オレンジやメロンなどで袋売りのものでしたが現在では見られませんね。
「春日井」とか「ワタナベ」といった菓子メーカーのものだったように覚えています。
c0036317_64176.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-02-21 06:05 | 飛騨の昔遊び
<< 用水の住人 冬の飛騨の里 11 >>