卵かけご飯

今でこそ卵は物価の優等生と言われるほど安くなりましたが昔は高価なものでしたね。
そのためよく病中お見舞いなどに持参されたものです。
そのような有り難味を知ってるからでしょうか、安売りのチラシには必ず目が行ってしまいます。
私も1パックで100円を切ったら必ず買って来ます。
それでもそんな時は1000円以上お買い上げが条件で、要らない物も買いそうですが・・・
c0036317_4593336.jpg

昔ならご馳走の卵かけご飯、兄弟の多い家庭では1個の卵を分けて食べたとか・・・
  昭和20~30年代、わびしさの中に温かみのある時代だったですね。
[PR]
by yoas23 | 2009-02-26 05:01 | イラスト・スケッチ
<< マルゴの醤油 福寿草の季節 >>