オニグルミの割り方

クルミの実と言えば一般には殻の柔らかいカシグルミを連想しますが、カシグルミは外来のもので、日本古来のクルミはこちらのオニグルミです。
そのオニグルミの実は名前の通り殻が硬くて昔は金槌なんかで割っていました。
そのため細かな殻の破片も一緒に口に入ってしまいます。
しかし、銀杏と同じようにフライパンで炒ると割りやすくなりますので、今度そのような場合に遭遇したら是非お試し下さい。
余談ですがリスはクルミが好物ですが、よくあんなに硬い実を齧るほど歯が丈夫だと感心しますね。
c0036317_0274527.jpg

更にまた余談ですが、このクルミの実を2個片手で握って擦り合わせるように動かすと「ボケ防止」になるようです。
そろそろそんな小道具が必要に・・・(笑)
[PR]
by yoas23 | 2009-03-10 00:31 | イラスト・スケッチ
<< 綿橋(錦橋) 古い町並みのからくり人形 >>