関東おでん

飛騨ではおでんと言えば関西風の味噌おでんを昔から食べていましたが、最近では出汁の効いた関東風が好まれているようです。
それと言うのもコンビニのおでんがそもそも関東風なので、その味に慣らされたのでしょうか・・・
私は小学校の低学年の頃、両親の仕事の都合で親戚の家に預けられてそこから通学していましたが、
その家のおばあちゃんはバリバリの名古屋人で、飛騨でも平気で名古屋弁で話す人でした。
名古屋と言えば八丁味噌の味噌おでんが主流ですから、関東おでんは「関東炊き」と呼んで邪道扱いし、おでんとは言いませんでした。
そんな経緯もあって私もその後両方を別物と区別するようになりました。
手軽に出来る関東風に比べ鍋の真ん中に調合した味噌を湯煎にかける関西風は面倒で作る機会も少なくなりましたが、
木の芽が吹く頃は山椒味噌で頂きたいものです。
画は関東炊きの方です。
c0036317_258889.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-03-16 03:01 | イラスト・スケッチ
<< 氷点下の森へ・・・(3) 氷点下の森へ・・・(2) >>