般若面

般若面は女の恨による怨霊を表現したもので般若坊の創作面として、
能の「道成寺」や「葵上」、「黒塚」などに使用されており一般に広く知られています。
飛騨高山の一位一刀彫でもこの素材を写したものは多く、店先でも簡単に見ることが出来ます。
私も彫刻の面の作品としては一番数多く彫ったものです。
c0036317_6142263.jpg
女性の怨霊を表現する面
[PR]
by yoas23 | 2009-03-21 06:20 | イラスト・スケッチ
<< 氷点下の森へ・・・(5) 春の味 >>