柿飴 (干し柿版)

昨年の秋にたくさんの吊るし柿を作りましたが、その一部を使って何時か作ってみたかった柿飴に挑戦しました。
実は柿飴というものは甘く熟した生の柿を使って作ったもので、アイスクリームのソースなんかに使うもののことを言いますが、
私が小学生の時にどこで見てきたのかは忘れましたが、干し柿で作った事が一度だけありました。
その時は一個しか使わなかったので少量しか出来ませんでしたが、その塊は想像を絶する甘さでビックリしたものでした。
子供でも作ることが出来るので簡単なはずですが、レシピがありません・・・
遠い記憶に残った断片を繋ぎ合わせて何とか作り上げました、確かに甘いです。
c0036317_7153032.jpg

↑ 今回10個ほどの干し柿を使いました。

c0036317_715401.jpg

↑ 先ずはヘタと種を取り除き細かく切ります。

c0036317_7155034.jpg

↑ 柿が柔らかくなるまで煮ますが、途中で水を足せて1時間近くだったでしょうか・・・

c0036317_7155969.jpg

↑ 柔らかくなった実を漉して後は煮詰めるだけです。

c0036317_716819.jpg

↑ 水分が少なくなりこのように泡が出て来たら出来上がりはもうすぐ、とにかく焦がさないように・・・

c0036317_716175.jpg

↑ 型に流し入れてその後乾燥させれば割り飴の完成です。
[PR]
by yoas23 | 2009-04-05 07:23 | 食いしん坊
<< 田舎の春祭り 里山の春 (カタクリの花) >>