セピア色の林檎の郷

霜が降りた朝、通りかかった果樹園の風景は何時ものそれとは違っていてセピア色の世界でした。
まるで写真を加工したような・・・
冬にはなかった強い日差しはやはり季節が進んだことを感じさせてくれます。
ロシア民謡の「カチューシャ」に歌われる林檎の花にはまだ早いですが、この郷にもそんな春が忍び寄っているようです。
c0036317_3265122.jpg

c0036317_327333.jpg

何でもない風景ですが2枚ともサイズを大きくしてあります。
高山市朝日町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-04-08 03:39 | 日々の発見
<< 信州森のあんず 雉の鳴き声が聞こえませんか? >>