痛々しいヒオドシチョウ

先日ルリタテハという蝶を紹介しましたが、このヒオドシチョウも成虫で越冬します。
卵からだと丸1年生きる訳ですから蝶の寿命からすれば長生きの方です。
ちなみにモンシロチョウは1年間で世代を4回ほど繰り返しますから逆に短命と言えますね。
ヒオドシチョウの幼虫はエノキや柳が好きでそれに産卵します。
青葉の頃真っ黒に群がった毛虫が見られることがありますが、気持ちの悪い害虫と判断され枝ごと切られて処分されてしまいます。
蝶にしてみれば蜂や蝿、鳥ばかりではなく人間も天敵の一つなのですね。
c0036317_6241578.jpg

飛騨市宮川町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-04-26 06:31 |
<< 岩の要塞 剣岳 城山公園の花 >>