アズキナの炒め物

ナンテンハギのことを飛騨ではアズキナと呼んでいて、この時期は田畑の土手に菜摘みの人がよく見られます。
小さな新芽の先の部分しか食べないので集めるのにはかなり根気が要り、
ポリエチレンの買い物袋一杯になるには半日近くもかかるのですが、
それでも案外美味しく頂けるので皆さん目を皿のようにして探しています。
調理法としては一般に天ぷらにしますが、我が家では油で炒めることの方が多いです。
甘味のある味は信州などで言うところのヤマトトキ(ソバナ)に似ています。
しかし炒めるとたくさんあったと思ったアズキナも少なくなってしまいます。
c0036317_05733.jpg

c0036317_0571446.jpg

c0036317_0572292.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-05-04 01:01 | 食いしん坊
<< 園里黄桜 イタヤカエデの花 >>