園里黄桜

園里黄桜と書いて「ソノサトキザクラ」と読むそうです。
平成13年に長野県須坂市で新しく発見されたそうで、日本の長い桜の歴史では1番新しい種とか言われています。
私はまた今流行の御衣黄「ギョイコウ」かと思いましたが、
花弁に緑色のすじが入ることや枚数が多く、また花が大きなことで区別されたようです。
c0036317_0253593.jpg

c0036317_0254547.jpg

c0036317_0255567.jpg

高山市国府町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-05-05 00:26 | 日々の発見
<< 池ヶ原湿原の記事、最後は・・・ アズキナの炒め物 >>