ギフチョウの産卵

標高の高い山では今、春の女神と呼ばれるギフチョウが飛んでいます。
釣りの途中で産卵中の場面に遭遇しました。
普通は芽吹いた食草に産むのですが、まだ雪融け間も無いため新芽が伸びていません。
ミヤマアオイの古い葉っぱに産み付けられた卵はまるで森の真珠のような色です。
大昔から生き延びて来ているこの蝶に取って、深山では里山のように生活を脅かすものも無く、
今後も毎年、世代のサイクルが繰り返されることでしょう。
c0036317_5225261.jpg

c0036317_523432.jpg

c0036317_5231419.jpg

c0036317_5232435.jpg

富山市大山町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-05-31 05:32 |
<< 緑の渓谷 朝はどこから >>