その後の無名湿原

先日無名湿原を紹介しましたが、あの寒々とした風景の中のミズバショウがどうなったか・・・と再度訪ねてみました。
一番は6月5日の記事で4枚目の写真の小さな池の周りに咲くリングが見たかったのです。
湿原に敷き詰められた一面のミズゴケの間からはニッコウキスゲの芽が吹いたり、細かなタテヤマリンドウが一面に咲いていて、
また周りの樹も一層緑が濃くなりとても気持ちの良い山歩きの日となりました。
c0036317_3394714.jpg

c0036317_3395826.jpg

c0036317_34084.jpg

c0036317_3401835.jpg

c0036317_3403076.jpg

c0036317_3404183.jpg

6月5日の記事の4枚目の場所は今回は5枚目です、また最初の写真はサイズを大きくしてあります。
[PR]
by yoas23 | 2009-06-15 03:45 | 山歩き
<< 白い綿のような物・・・ 初夏の白川郷・・・続き >>