ジョウザンミドリシジミ

山道の梢が低くて開けた場所に、小さな蝶ですが縄張りを守ってるのをこの時期には良く見ます。
侵入者(特に同種の雄)が現れると追いかけるのはもちろんですが、卍巴と呼ばれる行動が見られます。
目まぐるしくお互い近い間隔でクルクルと回りながら、少しずつ移動する姿はとても美しいものです。
このグループにはメスアカミドリシジミやエゾミドリシジミなどたくさんの種類がありますが、
ゼフィルスと呼ばれるグループで、翅の表は青や緑が金属光沢を帯びて美しい種が多いです。
c0036317_5483332.jpg

c0036317_5484367.jpg

c0036317_5485312.jpg

下の写真は卍巴の様子ですが逆光なのと動画でないのが残念です。
[PR]
by yoas23 | 2009-07-20 05:53 |
<< ヤマアジサイ その花の色々・・・ ウラジロヨウラク >>