イカリモンガ

またまた昼に飛ぶ蛾の紹介です。
この蛾は一番蝶と間違われているのではないかと思うほど美しく、また見かけることも多い種です。
鼻先?が尖っているのでテングチョウと混同されることもあり、
「美しい蝶がいました」と聞いたらイカリモンガだったと言うことが良くあります。
イカリは名の通り表にある橙色の模様が錨のような形をしているところから付けられた名前と聞きます。
でもなかなか翅を開いて止まってくれません。
c0036317_0532120.jpg

富山市大山町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-07-25 00:56 | 昆虫
<< オオカサモチ カラマツソウ >>