ハクサンイチゲとキバナシャクナゲ

どちらも以前に紹介済みですが、その時に書きましたように乗鞍では何処でも見られる花です。
特に畳平のハクサンイチゲは随一のものと言われています。
今回バスを降りて登山を始めた直ぐに畳平を通ったのですが、今年はまだこの時期にたくさんの花が見られました。
ただ全体には終わりかけで雪融けの遅い場所で無ければ咲き始めは見られません。
ここの剣ヶ峰の先ではまだ新鮮な花を楽しむことが出来ましたが、
それはキバナシャクナゲも同じこと、特に開花の早いキバナシャクナゲは他では既に終ってしまっていましたので出会えたことはラッキーでした。
c0036317_520326.jpg

c0036317_5201522.jpg

c0036317_5202841.jpg

c0036317_5204093.jpg

↑ 以上4枚がハクサンイチゲです

c0036317_5211666.jpg

c0036317_5212688.jpg

c0036317_5214654.jpg

c0036317_52229.jpg

↑ そしてこの4枚がキバナシャクナゲ、どちらも4枚目のサイズを大きくしてありますのでクリックして見て下さい
[PR]
by yoas23 | 2009-08-11 05:26 | 乗鞍岳の高山植物
<< 乗鞍散策 5 イワツメクサとミヤマダイコンソウ >>