ミヤマキンポウゲとウサギギク

里の春の花に黄色のものが多いのですが、高山でも黄色は結構多く見られます。
花期の短い場所ですから春、夏、秋の区別も難しいですが、キンポウゲ系は早くに咲いて来ます。
それに比べるとウサギギクは遅い方で、下の花に例えるなら夏のヒマワリでしょうか・・・
そう言えばどことなく似た風情がありますね。
c0036317_5172550.jpg

c0036317_5173657.jpg

c0036317_5174643.jpg

↑ 以上3枚がミヤマキンポウゲです。葉の形が先のミヤマダイコンソウとは違って深く切れ込んでいますね。

c0036317_51936.jpg

c0036317_5191637.jpg

c0036317_5192521.jpg

↑ こちらはウサギギク、乗鞍では比較的よく見られる花です。
[PR]
by yoas23 | 2009-08-16 05:22 | 乗鞍岳の高山植物
<< ミヤマゼンコとイワギキョウ、そ... ヨツバシオガマとミヤマミミナグサ >>