コケモモとミネウスユキソウ

高原に旅行するとお土産にコケモモのジュースやジャムを買われる人もいると思いますが、
赤い小さな実はそんな利用法もあるようです。
乗鞍の場合は国立公園の特別保護地域なのでもちろん採取は出来ませんが、
信州ではもう少し標高の低い場所にもあります。
熟した実は翌年まで残り、ライチョウの貴重な餌となります。
花は白色であまり目立ったものではないですが、ツツジ科独特の形ですね。
c0036317_6133084.jpg

c0036317_6134115.jpg

ミネウスユキソウはエーデルワイスと同じ仲間で登山者には人気の花です。
今回の散策中にも探している人から在処を聞かれました。
白く雪がかかったように見える葉も遠くから見ると花のようですね。
c0036317_6192095.jpg

c0036317_619318.jpg

c0036317_61941100.jpg

(3枚めのサイズを大きくしてあります)
[PR]
by yoas23 | 2009-08-18 06:30 | 乗鞍岳の高山植物
<< ミヤマタンポポとモミジカラマツ ミヤマゼンコとイワギキョウ、そ... >>