ミヤマタンポポとモミジカラマツ

里ではニホンタンポポとセイヨウタンポポの戦い?がありますが、
高山ではニホンタンポポの代わりにミヤマタンポポが咲いています。
乗鞍は車が登る山なので当然セイヨウタンポポも侵入して問題になっていました。
少し前からセイヨウタンポポの駆除が始まりましたので少なくはなりましたが、まだまだ姿を見ます。
外来植物を根絶やしするのはなかなか大変なことですね。
c0036317_7432557.jpg

c0036317_7433664.jpg

c0036317_7434726.jpg

モミジカラマツはこの前載せたミヤマカラマツと同じカラマツソウの仲間ですが、
こちらは草丈が低く30cm程度です。
花もミヤマカラマツに比べると頑丈な感じがしますが、高山に根を下したため厳しい環境に耐えられるようにでしょうね。
c0036317_746147.jpg

c0036317_7462527.jpg

c0036317_74635100.jpg

(どちらも3枚目のサイズを大きくしてあります)
[PR]
by yoas23 | 2009-08-19 07:50 | 乗鞍岳の高山植物
<< 水遊び コケモモとミネウスユキソウ >>