ミヤマキンバイとコウメバチソウ

既に似た花でミヤマダイコンソウとミヤマキンポウゲは載せましたが、
乗鞍で似たもの3種の最後はミヤマキンバイです。
葉の形がイチゴのように三つ葉になっているのでこれは簡単に区別出来ますね。
案外開花が早いのでもう花の時期も終わりかけていました。
(最初の写真の中ほどにある白色の花はミツバオウレンです)
c0036317_26403.jpg

c0036317_265124.jpg

c0036317_27810.jpg

コウメバチソウは中山帯にあるウメバチソウの高山型で全体にやゝ小さくなります。
五枚の花弁はまさに梅のようですね。
乗鞍スカイラインの沿線では良く見られる花です。
c0036317_272525.jpg

c0036317_273858.jpg

c0036317_274972.jpg

(今回も両種とも3枚目のサイズを大きくしました)
[PR]
by yoas23 | 2009-08-21 02:10 | 乗鞍岳の高山植物
<< ベニバナイチゴとエゾシオガマ ホソバツメクサとチシマギキョウ >>