高原に数増すアサギマダラ

標高の高い峠道では夏から初秋にかけてアサギマダラの優雅な姿を見ることが出来ます。
蝶の目的は涼と蜜を求めてでしょうか、ヒヨドリバナに特に多く、この日は多数の群がる姿が見られました。
アサギマダラは冬場は南の島などへ渡りをするのですが、そのことが最近はマスコミの報道で知る人も多くなりました。
彼岸の頃からだんだん南へ移動して秋遅くには本州も南の地で観察できるようになります。
c0036317_340456.jpg

c0036317_340148.jpg

c0036317_3402412.jpg

c0036317_3403330.jpg

c0036317_3404231.jpg

(4枚目のサイズを大きくしてあります)
高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-09-02 03:44 |
<< 中仙道 馬籠宿 1 センジュガンピ >>