毒茸、時々食茸 (キホウキタケ)

図鑑では必ず毒きのこの扱いになっていても、ある地方では昔から普通に食べられているものがあります。
東北のカキシメジなんかもそうですが、飛騨ではこのキホウキタケを漬物に入れたりします。
赤かぶと一緒に漬ける「しな漬け」に入っているのですが、塩漬けにすることで毒の成分が抜けるのでしょうか・・・
c0036317_2201292.jpg

c0036317_220219.jpg

c0036317_2203352.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-09-29 02:22 | きのこ
<< カマスの押し寿司 ダイモンジソウ >>