カマスの押し寿司

秋は色々な魚が脂が乗り美味しくなりますが、秋カマスも7月から10月が旬と言われています。
カマスは2種類あってアカカマス(本カマス)とヤマトカマス(ミズカマス)があり、
人それぞれですが私はアカカマスの方が美味しく感じます。
よく、「カマスの焼き食い一升飯」と言われるほどご飯に合うので塩焼きも良いのですが、
今回はアカカマスの小振りなものが安かったので、それで押し寿司を作ってみました。
c0036317_1255248.jpg

炙ったカマスで作る方法もありますが、鮮度の良いものであれば生がお勧めです。
お腹が硬くて活きの良いものを使いましょう。

c0036317_1261195.jpg

作り方は何も難しいことは無いのですが三枚に下した後、皮を剥く前に少量の日本酒を振り掛け、
更に少し振り塩をして冷蔵庫に入れ3時間ほど置きます。
型で押す時、酢飯との間に大葉の刻んだものを挟むと味にアクセントが出ます。
また好みで生姜醤油で頂いても美味しいと思います。

c0036317_1262918.jpg

c0036317_1263873.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-09-30 01:28 | 食いしん坊
<< アカヤマタケ 毒茸、時々食茸 (キホウキタケ) >>