カワラバッタ

河口近くの広い河原にはいくつかの種類のバッタが生息していて、先日もクルマバッタを紹介しましたが今回はカワラバッタです。
少し小さめですが、飛ぶとブルーの後翅がきれいで思わず見とれてしまいます。
しかしこのカワラバッタは草叢が嫌い、とにかく石がゴロゴロの河原にしか住んでいません。
最近は上流の堰堤工事がなされ水害が減って来て、河原も荒れることが無く安定して来ました。
その結果クズなどが繁茂するのですが、そうなるとこの種は生きて行けないようです。
先行きが心配される絶滅危惧種でもありますが、人との暮らしに関わっている動植物の未来は常にこのように人間の力に依存しているように思われます。
c0036317_6335765.jpg

c0036317_634132.jpg

c0036317_6343458.jpg

残念ながら飛んだ姿の写真がありません。また今度挑戦したいと思います。
富山県立山町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-10-05 06:40 | 昆虫
<< 秋のクレソン 今年の仲秋の名月 >>