秋の高山祭り 2009 その4

今日は前回までにアップし残した屋台の写真を紹介して今回の祭りのレポートを終ろうと思います。
祭りの屋台は何と言っても主役で、たくさんの観客を集めています。
そのため思ったアングルで撮れないのが残念ですが、人がまったく写っていない写真も殺風景ですね。
c0036317_7385737.jpg

↑ からくり奉納の布袋台以外の10台が記念道路に並べられました。

c0036317_7391061.jpg

↑ 神楽台はお囃子を乗せた屋台です。

c0036317_7391969.jpg

↑ 宝珠台の台車も欅の一枚板で造ってあります。

c0036317_739288.jpg

↑ 御所車のような大八車を使ったところから大八台と呼ばれています。

c0036317_7393717.jpg

↑ 金鳳台には神功皇后と赤ん坊を抱いた式内宿禰の人形が飾られています。

c0036317_7394875.jpg

↑ 仙人台には仙人像が飾られていますが、唐破風の屋根は高山ではこの屋台だけです。

c0036317_7395669.jpg

↑ 役の行者を飾ってあるところから行神台と言われています、台輪には栗の木が使われているとのことです。
c0036317_740488.jpg

↑ そして最後は白馬と白丁人形の神馬台、両サイドの般若の刺繍が目を引きます。
[PR]
by yoas23 | 2009-10-15 08:22 | 飛騨高山 四季の旅
<< 何時もの風景 (そろそろ色付いた山) 柱状摂理の海岸線 >>