不作ながらもきのこの収穫

台風18号の襲来以来、出陣の時期を狙っていたのですが、先ずは様子を見に・・・ということで先日山を一周りしました。
何処も出ていてもおかしくないきのこが見られず、有っても量が少ないのですが微妙に出ている場所もありました。
山中きのこだらけでは無いので、こんな時はどんな場所に出るものなのか良く分かります。
風通しと山の乾き具合など勉強になりました。
c0036317_0492141.jpg

↑ まだ樹も若い雑木林

c0036317_0493354.jpg

↑ 出始めたシモフリシメジ

c0036317_049539.jpg

↑ これも同じくシモフリシメジ (炊き込みご飯には最高)

c0036317_050371.jpg

↑ チャナメツムタケ

c0036317_0501338.jpg

↑ 同、チャナメツムタケ (なめこの様にヌメリがあって美味しい)

c0036317_0502244.jpg

↑ お馴染みのクリタケ

c0036317_0503274.jpg

↑ クリタケは飛騨では「もたせ」と言います

c0036317_0504275.jpg

↑ ムキタケ

c0036317_0505314.jpg

↑ これが「ツキヨタケ」に似ているというムキタケですが、良く見れば違いも分かると思います。
以上、この日の食べられるきのこを紹介しましたが、ようやく少し出始めた様子で先が楽しみです。
[PR]
by yoas23 | 2009-10-23 01:04 | きのこ
<< 木地屋渓谷の紅葉 塩沢温泉 湯元山荘 >>