あじめ峡

現在では合併して高山市となっている国府町の宮川に「あじめ峡」と呼ばれる場所があります。
高山盆地から古川盆地へと流れる途中で少し急流になる部分で岩肌が露出したなかなか景観の良い所です。
今では何も無く殺風景ですが、私の子供の頃は公園となっていて遊歩道などもあり、小学校の遠足には必ず目的地となりました。
学校から直線距離で6km強ですから、低学年にはちょうど良い距離ですね。
c0036317_2353492.jpg

c0036317_23535998.jpg

c0036317_2354986.jpg

c0036317_23542256.jpg
c0036317_23543195.jpg

c0036317_2354411.jpg

あじめ峡の名の由来ですが、清流に棲むと言われるアジメドジョウが多いところから付けられたようです。
確かに宮川は水も美しく昔はアジメも多く見られました。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-07 00:03 | 飛騨の国紹介
<< 不作ながらもなめこも・・・ 赤かぶ >>