支那そばのこと (まさごそば)

昔、ラーメンのことを高山では「支那そば」と呼んでいました。
もちろん中華そばと言う言葉もあったのですが、何故か支那そばの方が通りが良かったようです。
夜が長い冬はどうしても遅くなると小腹が空くもの、店閉まいの前に出前を頼むこともありました。
今回紹介の「まさごそば」は高山市の中心にあり、2008年1月に火事で類焼しましたがその後再建されています。
店主に聞いたところでは創業は昭和13年とのこと、当時は鍛冶橋のたもとで屋台店として始められたとか、
とてもシンプルな鰹節と鶏がら出汁の昔ながらの支那そばです。
c0036317_1375084.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-07 01:38 | 食いしん坊
<< 市歌 「高山市の歌」について 茅葺き屋根の葺き替え >>