初冬の飛騨の里 4

飛騨の里の今日は4回目です。
パンフレットの左の部分(春ゾーン)は板葺きの屋根の家が多いのですが、
その一番上にあるのが若山家でこの家は大きな茅葺です。
夏は大勢の観光客に混じって各家に上がり込むのですが、寒いのと人が少なく寂しい感じがして今回は覗きませんでした。
そんなところにも師走の気忙しい感じがするものです。
c0036317_6174114.jpg

↑ 中薮家玄関先から見た田中家方面です。

c0036317_6175189.jpg

↑ 中薮家の板壁

c0036317_618181.jpg

↑ そして上方から見た中薮家です。

c0036317_618113.jpg

↑ 雑木林越しに見る里の風景もやはり冬は寂しく感じられます。

c0036317_6182196.jpg

↑ この若山家は大きな茅葺の家ですが、昔は大家族で住んでいたのでしょう。

c0036317_6183067.jpg

↑ 別棟に立派な板蔵もあります。

c0036317_6184830.jpg

↑ 採られなかった柿の実も残っていました。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-16 06:28 | 飛騨高山 四季の旅
<< 初冬の飛騨の里 5 白菜 >>