初冬の飛騨の里 11 最終回

「初冬の飛騨の里」に長いお付き合いを頂きましたがこれで最終回です。
今回は今まで紹介した事が無かったパンフレットの冬ゾーンにある工芸集落をご案内しましょう。
5軒の旧民家でそれぞれ飛騨の工芸を実演していますが、訪れたのが冬場の平日と言うこともあり、
見られたのは一位一刀彫だけでした。
夏なら他に染物や機織などが見学出来るそうです。
c0036317_203146.jpg

↑ 工芸集落村への入り口

c0036317_2031054.jpg

↑ 正面にある小林家では伝統工芸の一位一刀彫の実演が見られます。

c0036317_203192.jpg

↑ ショーケースには作品が飾られていました。

c0036317_203281.jpg

↑ この仕事は私も本職なのですが細かな手作業です。

c0036317_2033658.jpg

↑ お隣の直井家では飛騨塗りの工芸が見られます。

c0036317_2034554.jpg

↑ この日は残念ながらお休みのようでした。

c0036317_2035520.jpg

↑ そして苅安家は染物です。

c0036317_204459.jpg

↑ こちらはちょうど食事時で作業はされていませんでした。

次回は雪が積もった飛騨ならではの「真冬の飛騨の里」をお送りしましょう。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-30 20:15 | 飛騨高山 四季の旅
<< 何時もの風景 (どうぞ良いお年... 平湯 宝ラーメン >>