氷点下14℃の朝

大寒から立春の間によくその年の最低気温を記録しますが、飛騨では二桁以下に下がる日も度々あります。
昨日の朝は低温で有名な高山市荘川町六厩では-20.8℃だったようです。
地形的に気温が下がりやすい場所のようですが、市内の他の場所でも14℃程度に下がった所はいくらでもあったようです。
そんな日に限って日中は天気が良いもので昨日の青空は眩しいほど、春も近そうな気配がしました。
しかし週末からまた雪の予報・・・まだまだですね。
c0036317_311756.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-28 02:05 | 日々の発見
<< キツリフネ モアイ像 (イースター島) >>