キボシアシナガバチ

以前に写真で紹介したことのあるハチですが、キボシとは巣の蓋の色が黄色いところから名付けられました。
アシナガバチに刺されたことのある人は感じられたと思いますが、思いのほか痛いものです。
ところでハチに刺される被害は毎年たくさんあるようですがこれはハチの防衛手段で、
針は産卵管の変化したものと言われています。
従って刺すのは雌のみで雄が刺すことはありません、ハチはみな刺すものと思っていませんでしたか?
c0036317_5401678.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-02-09 05:41 | イラスト・スケッチ
<< 大雪の四十八滝 1 何時もの風景 (夕映えの乗鞍岳) >>