幻日

通勤途中の空に幻日が見られました。
幻日とは太陽から約22度離れた場所に虹のように見られる光で、
空気中にある氷晶がプリズムの役目を果たし、太陽側が赤、反対側が青っぽい色になります。
・・・と、まあそんな理由で見られるものですが、科学的に解明しないと「不思議な光」ということになり、
昔の言い伝えで、「不思議な光の下を掘ると金銀財宝が出て来る」などという話の出所にもなりそうですね。
(この写真の光の部分は太陽では無く、右方向22度に当たる部分『山に隠れている』にありました)
c0036317_615123.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-03-13 06:16 | 日々の発見
<< 春椎茸 オオセンチコガネ >>