フタバアオイ

徳川のご紋でお馴染みのフタバアオイはウマノスズクサ科の植物で、飛騨でも各地に自生していますが何処にでもあるものでも無いようですね。
少し日影を好むのでしょうか、杉林の縁などでは時に大群落を見ることも出来ます。
艶のある葉表は良く似たウスバサイシンと簡単に区別が付きます。
ウマノスズクサ科の植物と言えばギフチョウの幼虫の植物が多く含まれますが、
このフタバアオイはあまり好まれないようで、カンアオイやウスバサイシンに比べ産卵されることも少ないようです。
c0036317_5415531.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-03-29 05:47 | イラスト・スケッチ
<< そろそろ燻製作りも終り・・・ 飛騨古川散策 4 >>