残雪の乗鞍 5

今日は大黒岳の山頂からの眺めをお送りしましょう。
標高2,772mの山頂ですが、ここからは長野県側を始め今朝ほど登って来たスカイラインも良く見えます。
冷たく強い風が吹く中、時折登って来る人も足早に下山して行きました。
まだまだ山頂でゆっくりお弁当を広げるようなことは無いようです。
c0036317_1319513.jpg

↑ 山頂から見た東側(長野県側)の風景です、途中まですっかり雪が溶けているのが判りますね。

c0036317_13191651.jpg

↑ 西の方角には魔王岳(手前)と恵比寿岳(奥の山)、左には里見岳が見えます。

c0036317_13192656.jpg

↑ 北にはスカイラインと左に烏帽子岳、右に見えるのは四ッ岳です。

c0036317_13272591.jpg

↑ 山の案内板と休憩所の壁に横からの氷が付いていますね。

c0036317_13194477.jpg

↑ これは通称「海老のシッポ」という現象で、氷雨が凍りついたもので強風の時にしか出来ません。
「海老のシッポ」に見えるでしょうか?

c0036317_13195352.jpg

↑ さてそろそろ大黒岳を後にしましょう、登山道のある南側には剣ヶ峰や朝日岳、不動岳、それに手前にコロナ観測所がある摩利支天岳、富士見岳などが見られます。
北向きなのでまだまだ真っ白ですね。

c0036317_1320255.jpg

↑ 私と入れ替わりに山スキーを楽しむ人が登って行きました。
さて次回は「残雪の乗鞍」の最終回で下山の巻です。

(今回も画像サイズは全て1280×960です)
[PR]
by yoas23 | 2010-05-22 13:35 | 山歩き
<< 残雪の乗鞍 6 残雪の乗鞍 4 >>