スギタニルリシジミ

少し前になりますが、栃の花の咲く頃このスギタニルリシジミが現れます。
幼虫は栃の花や実を食べるので開花や柔らかな実の時期に合わせて羽化するのですが、
昆虫は優れた体内時計を持っていることに今更ながらに驚かされます。
この時は薄暗いニリンソウの咲く林内に飛んでいましたが、雄は谷川縁や道路などで集団吸水しているのも良く見かけます。
この蝶も早春の一時期だけに現れるスプリング・エフェメラルの一つです。
ルリシジミに比べ翅の表裏ともくすんだ色が特徴です。
c0036317_336392.jpg

c0036317_3361481.jpg

高山市奥飛騨温泉にて
[PR]
by yoas23 | 2010-06-08 03:41 |
<< 良好な三角関係? 久手御輿の滝 >>