たけのこ採り

たけのこと言っても実は笹で、チシマザサの根元に生える子(ネマガリタケ)を何故か飛騨では「タケノコ」と呼びます。
里に藤の花が咲くと収穫時期の目安と言うことで多くの人が山奥の笹原へと向かいます。
山菜の中では一番採集が大変で、背丈以上の笹薮は足を取られやすい上に中腰で彷徨うのは疲れます。
足が絡まって転んだ先にもう少し手を伸ばせば太い1本が・・・そんなことも多くなかなか大変なのですが、
そんな面白味は他の山菜採りには無いようで皆さん懲りもせず毎年朝早くから行かれるのです。

ネマガリタケはほとんどアクが無いので茹でるだけで食べられます。
もちろん焼いても・・・残りは塩漬けにして保存します。
c0036317_3231220.jpg

c0036317_3233224.jpg

c0036317_3234356.jpg

c0036317_323538.jpg

c0036317_32426.jpg

c0036317_3241097.jpg

c0036317_3242482.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-06-09 03:27 | 山菜
<< ほう葉巻 良好な三角関係? >>