ほう葉巻

木曽の友人から「ほうば巻」と言う郷土のお菓子を頂きました。
木曽もやはり端午の節句は月遅れで、その時柏餅の代わりにほうの葉で包んだ上新粉の餅を作るのが習わしのようです。
以前私も道の駅で買って帰ったことがありました。
ほうの葉の香りが餅に移ってとても美味しい一品です。
餅の中にはこし餡やつぶ餡、また胡桃の入った餡もあるようで今回はその3品を頂きました。
葉を切り離さないで枝に付けたままというところが面白いです。
c0036317_3101016.jpg

c0036317_3102020.jpg

c0036317_3102987.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-06-10 03:15 | 食いしん坊
<< 夏の青垂の滝 たけのこ採り >>