エゾハルゼミ

初夏の山に響く蝉の声はこのエゾハルゼミであることが多く、その独特の節回しには耳慣れた爽やかささえ感じます。
「 ミョーキン、ミョーキン、ケケケケ・・・」とか「ヒョーキン、ヒョーキン、ケケケケ・・・」とか表現されますが、まさにそのような鳴き声です。
先日山歩きの途中で羽化後間もない雄に出会いました。
まだ羽根も固まっていないので鳴くまでは行きませんが、装いが整えば梢で盛んに合唱することでしょう。
c0036317_450792.jpg

c0036317_4501756.jpg

c0036317_4502652.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-06-16 04:51 | 昆虫
<< キケマンとムラサキケマン 渓流と山野草 3 タチカメバソウ >>