マルヤパンのこと

高山市の上一之町にマルヤパンというお店がありました。
「ありました」とは文の通りで過去のこと、もう廃業されてから30年は経ってると思います。
学校給食のパン屋さんは他にありましたが、マルヤパンは当時では数少ない菓子パン専門の店、
何時も前を通る度に甘い焼きたての香りが漂っていました。
当時のことですから今のように変わったパンも少なかったのですが、
定番のアンパン、ジャムパン、クリームパンの他に、コッペパンにコロッケを挟んだもの、
マヨネーズで和えた野菜(キャベツ)をサンドしたものなどあり、
また変わったところではマシュマロパンというのがあってそれが私の好物でした。
カステラ生地の中にマシュマロが入ったケーキ感覚の一品でしたが、今でもそれに似たものは何処の店でも見たことがありません。
懐かしい味にもう一度出会いたいと思っても遠い昔のこと、お店の人が存命中でも高齢で無理なことなのでしょう。


[PR]
by yoas23 | 2010-06-21 00:50 | 千夜一夜の昔話し
<< 麦秋 ミヤマメシダ >>